事業内容 - Businesses

企業向け保険仲介事業
(一般リスク・特殊リスク)

日本国内の損害保険(一般リスク・特殊リスク)において、トヨタグループの保険手配で培った実績とノウハウをベースに、お客様の意向に合わせた最適な保険商品設計を行います。大規模企業向けには、包括保険プログラムの構築が可能です。

また保険商品設計だけでなく、リスク調査・分析、リスクコンサルティング、ロスコントロール、保険契約内容の調査といった様々なコンサルティング機能も兼ね備えております。加えて、弊社は自社リソースに固執することなく、お客様意向に合わせて最適なパートナーを選定/アライアンスを組んだり、お客様の既存体制を尊重したサービス体制を構築して、お客様各々の事情・意向にフィットする唯一無二なサービスを提供することが可能です。

取引信用保険・ポリティカルリスク保険
詳細はこちら
サイバー保険
詳細はこちら

グローバルプログラム構築運営事業

日本本社サイドでお客様グローバル拠点のリスク(例:火災保険・賠償責任保険 等)の一元管理・見える化を実現、加えて保険料一括交渉を行います。
お客様のリスクマネジメント力強化に貢献し、プログラム立上時はリスクに対するプログラムの組成に向けた各国のリスク整理と保険ヘッジ補償ガイドラインの作成、 立上後の各国での適切な保険手配の完了までのアプローチ、実際に事故が起きた場合の事故対応サポートまでフルラインでサポートさせて頂きます。

海外プロジェクト保険仲介事業

グローバル企業の海外大型プラントプロジェクト案件の保険手配の経験を生かし、以下海外プロジェクトのサポートを行います。

  • 電力(コンベンショナルパワー)、風力・太陽光・水力(再生可能エネルギー)
  • 石油、ガス開発
  • 交通インフラ(鉄道、橋梁、道路、港湾、空港など)
  • 商業施設・ビル

ロンドン・シンガポール・中東などの国際再保険市場に直接アクセスし、最適な保険カバーとキャパシティの確保、価格 競争力のあるベストソリューションの提供に努め、円滑なプロジェクト進行をサポートします。

再生可能エネルギー
詳細はこちら

キャプティブ事業

キャプティブとは、自社及び自社グループのリスクを専門的に引受ける再保険子会社です。 おもにミクロネシア連邦、ハワイ、バミューダ等のキャプティブ保険会社法が整備された国・地域に設立され、再保険の仕組みを利用してキャプティブでのリスク保有が行われます。

多くの企業は保険会社に自社のリスクを移転する為に各種保険を手配し、そのコストとして保険料を支払います。 キャプティブを活用する場合は、保険会社へ移転したリスクと保険料の一部を再保険の仕組みを使って、再度キャプティブへ移転し自家保険化します。

そして、キャプティブにて保有(自家保険化)されたリスクに関して、リスクマネジメント(事故低減活動等)を通じて損害率の低減(=収益性の向上)を図り、自社及び自社グループのリスク移転コストの効率化を実現することが、キャプティブ設立の主な目的となります。